2009年08月25日

鶏胸肉のメッチョク風

さて、「焼肉風な晩ご飯」で作った「鶏胸肉のメッチョク風」です。最近、韓流ドラマ「チャングムの誓い」をモチーフにしたパチンコ台のコマーシャルがよく流れてますが、その中で紹介されている「メッチョク」がやたらうまそうだったので作ってみました。

IBD(クローン病、潰瘍性大腸炎)には牛肉と豚肉はNGなので、脂質の少ない鶏の胸肉を使います。CMでは王様らしき人に「満足できん!」とぶった切られていましたが、果たしてどうでしょうか・・・?

@ 鶏胸肉の皮をはぎ、1センチ程度の厚さに切る。

A @の鶏肉1枚ごとに切れ目を何箇所か入れる。ボウルにいれ、塩コショウをまんべんなくふり、梨のおろし汁(あるいは柑橘類のマーマレード)とハチミツを塗って混ぜ合わせる。ボウルにラップをして冷蔵庫で30分程度おく。

B 長ネギとニンニクをみじん切りにする。ニラは3センチ程度の長さに切る。

C 醤油、味噌、日本酒、生姜チューブ、白ゴマ(お好みで)、梨のおろし汁(あるいは柑橘類のマーマレード)と、Bの長ネギ、ニンニク、ニラを合わせ、味噌が溶けたらごま油を入れ混ぜ合わせる。

D Aの鶏肉にCの調味料を合わせ、よく混ぜてボウルにラップをし冷蔵庫で30分程度おき漬け込む。

E オーブンを事前に温めておく。十分に温まったら、オーブンの鉄板にアルミホイルを敷き、Dの鶏肉を重ならないように敷き詰めオーブンに入れる。5〜7分程度焼く。

F Eの鶏肉を確認し、軽く焦げ目がつく程度に焼けていたら裏返し、さらに5〜7分程度焼く。

G Fの鶏肉を確認し、十分に熱が通っていたらオーブンから取り出す。皿に盛り付けて出来上がり!

DSCF3045.jpg

       ちょっとタレが多かったかな・・・

梨のおろし汁はなかなか手に入らない(or めんどくさい)のであれば、柑橘類のマーマレード(ゆず、オレンジなど)で代用してもOKです。ちなみに僕は、知り合いにもらったベリージャムを使いました。

もともとはタレに漬け込んだ肉を火で網焼きにするみたいですが、我が家にはそんな設備はなかったのでオーブンで作りました。お弁当のおかずにもってこいですし、行楽シーズン(バーベキューなど)にもIBD患者の数少ない選択肢として活躍してくれそうですね。

CMの王様は満足できなかったようですが、僕は大満足!甘〜いつけダレが「実にうまい!」一品なのです。

*材料(四人分)*
鶏胸肉:300〜400g
塩コショウ:少々
味噌:大さじ1杯
醤油:大さじ3杯
ニラ:1/4束
長ネギ:大さじ1杯(みじん切り)
にんにく:1かけ(みじん切り)
生姜チューブ:3cm程度
白ゴマ:少量(お好みで)
ハチミツ:大さじ1杯
梨のおろし汁(あるいは柑橘類のマーマレード):大さじ1杯
ごま油:小さじ1杯
日本酒:大さじ1杯


もしブログの記事がお役に立てましたら、下のバナーをクリックしてブログの順位アップにご協力していただけると助かります。1日1クリック、是非お願いします!

人気ブログランキングへ
いろんなブログが登録されています。レシピブログあり!


写真つきのレシピブログがたくさん登録されています!


posted by ジミー at 01:04 | Comment(6) | TrackBack(0) | 鶏料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪
初めて訪問させていただきます。
トキと申しますm(_ _)m

実は私ではなく、友人がクローン病でして、心配なので色々と調べているところなのです(´・ω・`)

私は薄学なのでクローン病についてもよく理解できないし、医学の知識なんて無いに等しいので色々と教えていただけたら幸いです(泣)
よろしくお願いしますm(> _ <;;)m
Posted by トキ at 2009年08月25日 15:37
>>トキさん

はじめまして!コメントありがとうございます。

ご友人のために情報収集・・・、なんて感動的な!こういうマイナーな病気に理解を示してくれる人って決して多くはないので、ご友人の方も喜ばれると思います。

僕も病気の当事者というだけであって医学知識はそんなにないですが(笑)、ブログを通して少しでも病気のことを理解していただければ嬉しいです。ご覧の通り料理の話題中心なので参考になるか分かりませんが、お役に立てるように頑張りますね!

病気の解説や食事制限に関する情報を掲載しているHPをリンクさせていただいてるので、IBD関連のリンク集も是非参考にしてみてください。今後ともよろしくお願いします♪
Posted by ジミー at 2009年08月26日 00:44
ありがとうございますm(_ _)m

友人は、決して自分から弱音を吐いたりしないタイプなので、余計に心配で・・・(汗)

という私自身も鬱病(回復に向かっていますが)なので、お互い不健康なわけですが(笑)

彼は心配されるのが嫌みたいで、表立って心配したり病気の話をすると嫌がるのです・・・。
それでも、やっぱり古くからの友人としてとても心配だし、陰ながら力になってあげたいと思うし・・・。
複雑です(´・ω・`)
Posted by トキ at 2009年08月26日 12:08
>>トキさん

表立って心配したり病気の話をすると嫌がるのです・・・。

これ、僕もよく分かります。僕の場合は食事制限して栄養剤を飲む以外は健常者と同様の生活が出来るので、あまり大げさに心配されるとかえって困ってしまいます。ご友人の病気がどの程度か分かりませんが、普段は出来るだけ自然に接したらいいと思います。

僕がクローン病患者として一番嬉しいのは、食事の時の気遣いです。たとえば友人と飲みに行く時、お店に僕が食べられるメニューがあまりおいてなかったら、ちょっと悲しくなります。ですので、クローン病でも大丈夫な魚など油分の少ない料理が多いお店を選んでくれると、嬉しいです。

僕の場合は、大げさでない「さりげない気遣い」が一番心に響きます。難しいと思いますが(笑)、参考にしてみてください。あと、トキさん自身もお大事になさってくださいね!
Posted by ジミー at 2009年08月27日 22:39
ありがとうございます(> <///)

今度同窓会があるのですが、その時に
さりげなーく気遣ってみようと思います(笑)

と言っても、彼が幹事で店を選ぶので問題ないと思いますが・・・(T▽T)

あぁ、無力・・・(泣)
Posted by トキ at 2009年08月28日 12:25
>>トキさん

自然体でいいと思いますよ!
Posted by ジミー at 2009年08月29日 12:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。