2009年07月04日

IBD患者のお食事バイブル

今日はこのブログでたびたび参考にしているレシピ本をレビューしてみます。

安心レシピでいただきます!―潰瘍性大腸炎・クローン病の人のためのおいしいレシピ125

著 者:斉藤恵子
監 修:日本炎症性腸疾患協会(CCFJ)
出版社:弘文堂
出版日:2001年5月15日 初版
評 価:ico_grade6_5.gif説明

DSCF2979.jpg


クローン病・潰瘍性大腸炎(=炎症性腸疾患:IBD)の診察・治療で有名な社会保険中央総合病院の管理栄養士・斉藤恵子先生により執筆されたIBD用の公式レシピ集。結論から言えば、IBD患者にとっては「マスト」の一冊です。

本書は主にIBD患者を対象としているので、レシピだけでなくIBDの概要や一般的な情報、食事療法、食品の選び方等に関する情報も平易に記載しています。このため、IBDを「知り」、食材選びや調理の仕方等の面で具体的に「対処する」ことが可能となります。

掲載されているレシピは主食、副菜からデザートまでの125品目。写真付きで和洋中全て揃ってます。このブログで紹介した「鶏のホワイトシチュー」、「鶏のトマト煮」、「ブリの照り焼き」、「鱈の梅味噌焼き」、「トマトリゾット」、「サーモンのホワイトクリームスパゲッティ」も本書を参考にしました。また、油の使用量を最小限に抑えた調理法で「鶏のから揚げ風」、「チキンカツ」など、揚げ物のレシピも掲載されています。僕がクローン病になってからあきらめていた料理も、本書のおかげで食べられるようになりました(笑)。このほか、IBD活動期・再燃期に適したレシピ(おかゆなど)も掲載されているので、体調が悪い時の食事対策もバッチリです。もちろん、各レシピの味も文句なしです。

そのほか特にレシピ本としてのマイナス面は見当たりません。「低脂質」、「低残渣」、「高エネルギー」というIBD食の三原則をおさえているので、IBD用のレシピ本として完成度は高く文句なしにオススメです。迷わず星5つです!

          


もしブログの記事がお役に立てましたら、下のバナーをクリックしてブログの順位アップにご協力していただけると助かります。1日1クリック、是非お願いします!

人気ブログランキングへ
いろんなブログが登録されています。レシピブログあり!


写真つきのレシピブログがたくさん登録されています!
posted by ジミー at 04:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外食&商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。