2012年08月03日

タイ旅行

つかの間の休暇を利用して、タイのバンコクに旅行です。タイは今回で3回目です。

えっ、クローン病なのに海外旅行!?と思われるかもですが、タイは親日国家で、医療水準が高く、日本食レストランが多いことから、個人的にはIBD患者さんにもお勧めできる旅先です。

いざとなったら外国人受け入れを積極的に進めているバムルンラード国際病院(Bumrungrad International Hospital)あたりで当座の治療を受けることも可能です。日本人スタッフも常駐しているし、海外療養費給付制度を利用すると治療費のうち一定額が後日還付されます。

それはさておき、電車でアユタヤを訪れました。

IMG_1748.JPG

ビルマ軍によって破壊されたアユタヤの遺跡。盛者必衰の理、とはまさにこのことでしょうか。

それにしてもタイは大好きな国です。親日だし、バンコクには日本人街があり日本食レストランや日本の食材が豊富で、クローン病の僕にも過ごしやすいからです。クソ暑い気候をのぞいて。。。

IMG_1720.JPG

アユタヤに行く際にバンコクのフアランポーン駅から鉄道に乗りますが、同駅の売店ではなんとどら焼きを売ってます。

IMG_1768.JPG

そして当たり前のようにある大戸屋。写真はサイアム・パラゴン店でいただきました。鶏皮はのぞいて。。。味は日本のより若干落ちる感は否めませんが、海外で「食べるもんがない」状態よりははるかにマシ。このほか、普通に焼き魚定食なんかも置いてあります。

バンコクには日本人の経営する居酒屋なんかも結構あって、日本の味と遜色なかったりします。

いつかクローン病の治療法が発見されて完治したら移住したい、自分にとってはそんな国です。

クリックで応援!よろしくお願いしますm(_"_)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

posted by ジミー at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行&出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。