2010年08月04日

ヒュミラ承認

肝心の料理は絶賛サボり中です・・・。

ところで、クローン病の寛解導入・維持薬としてレミケードが有名ですね。

もともとは関節リウマチの治療薬ですが、今ではクローン病にも適用されていて、一般的な治療薬として浸透してるみたいです。

レミケードは生物学的製剤といって、TNFα(腫瘍壊死因子)という炎症を起こす物質(炎症性サイトカイン)を抑える薬です。

8週間に1回、点滴で投与するので通院する必要がありますが、効果はかなり高いみたいですね。

僕は使ったことがないので分かりませんが・・・。

この生物学的製剤、レミケードのほかにもいくつかあるのですが、レミケードと同じ関節リウマチ治療薬のヒュミラが、このほどクローン病治療薬としても承認されたようです。

薬食審・第一部会 アクレフ口腔粘膜吸入剤など7製品を承認

この薬でクローン病が根治するわけではないですが、治療の選択肢が広がるのは患者にとってはいいことだと思います。

ただ、薬なのである程度の副作用も覚悟しないといけないかもしれません。

僕がこわいな、と思っているのは、感染症や癌にかかるリスクが高まる可能性があるということです。

ヒュミラもレミケードと同様、TNFαを抑えることによってクローン病の炎症亢進を阻害する薬です。

免疫機能を抑えるので、体内に侵入した細菌やウィルスをやっつける能力が低下してしまい、結核や肺炎等の感染症にかかりやすくなります。

また、TNFαは文字通り腫瘍細胞を傷害する役割を担ってるので、これを抑えるということは癌細胞の産生を止める機能が低下するということになると思います。

効果が高く、QOLは確実に向上すると思うけど、使用する前に主治医とよく相談し、効果と副作用について十分に納得してから処方してもらうのがいいのかな、と思います。

ちなみに僕は・・・既に狭窄があるのでたぶん使えませんね・・・。


クリックで応援!よろしくお願いしますm(_"_)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

posted by ジミー at 00:33 | Comment(7) | TrackBack(0) | IBDについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。